高血圧

このページでは、高血圧の原因や治療方法、カルシウムパラドックスの仕組みについて紹介しています。

カルシウムが不足するとなぜ高血圧に?

骨粗しょう症、関節痛に続き、カルシウム不足が引き起こす深刻な症状の一つが高血圧なんです。

放っておけば、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性もあるので、軽視はできないですよね。そもそもどうして血圧が上がってしまうのかというと、その説の一つに「カルシウムパラドックス」というものがあります。

カルシウムパラドックスは、以下のような流れで発症します。

体内のカルシウムが不足。

カルシウムの不足量を補うため、骨内のカルシウムが血中に溶け出す。

骨から血液に溶け出したカルシウムが動脈を硬くし、血液の流れを悪くする。

これは本来、血管内のカルシウム濃度を一定に保つための自然な働きなのですが、あまりに栄養が足りていない場合は逆効果に。余分なカルシウムが固まりになって血流が悪くなり、高血圧に至るそうです。

その他の原因としてはよく肥満が挙げられますが、やはりこれも栄養バランスの偏りが問題視されているようです。

高血圧の予防・対処法

高血圧の治療で主に使われる薬が「カルシウム拮抗剤」というものです。これは骨からカルシウムが溶け出すのを抑えることで、血圧を正常に保つ薬のこと。とは言っても、もともとは栄養不足が原因なので、治療中も意識的にカルシウムを摂ると良いみたいです。もちろん、高血圧を未然に防ぐ方法としても、サプリメントの摂取は効果的です。

その他には、塩分を過剰に摂り過ぎない、動物性脂肪の摂取を減らす、ストレスを溜め込まないことなどが予防につながるそうです。

高血圧だけじゃない!カルシウムパラドックスの怖さ

高血圧の他にも、カルシウムパラドックスが引き起こす病気はさまざま。ここで少しだけご紹介したいと思います。

【カルシウムパラドックスが引き起こす症状】
・腎臓結石
・胆のう結石
・尿道結石
・変形性関節症
・記憶障害
・認知症
・アルツハイマー病 など

骨から溶け出たカルシウムが結石になったり、脳に入り込んで障害を起こしたり…さらには免疫システムも弱くなるので、ガンにもなりやすくなるのだそう。

カルシウムが足りてないだけでこんな病気になるなんて、考えただけでも恐ろしいです…。もちろん、病気の原因は他にもあると思いますが、食事やサプリの利用だけで健康でいられる可能性が高まるなら、最低限の努力はしておきたいですね。