HOME >  本当に効くカルシウムサプリメントの選び方 >  貝殻や卵殻のカルシウムはNG

貝殻や卵殻のカルシウムはNG

このページでは、体が吸収しやすいカルシウムサプリメント選びのポイントを紹介しています。

カルシウムサプリの原料に注目

カルシウムサプリを選ぶうえで大切なのが、吸収されやすいかということです。カルシウムの含有量が多いもの、あるいは良い素材を使ったものを選んだとしても、それがうまく体に吸収されないと、カルシウムの効きめは半減してしまいます。

骨粗しょう症などの予防を考えるならなおさら、しっかりと栄養を吸収できる製品を選びたいですよね。そのためには、まずはサプリの原料を知ること。同じ天然サプリメントでも、原料によって吸収率が全然違うんです。

体に吸収されやすい原料とは?

カルシウムサプリメントには、主にこんな原料が使われています。その原料を、体が吸収しやすいものと、吸収しにくいものに分けてみました。

●からだが吸収しやすい原料
牛、魚の骨、岩塩など。

●吸収しにくい原料
貝殻、卵の殻、サンゴ礁など。

吸収されやすいのは、主に牛や魚の骨から摂れたカルシウムです。これは「リン酸カルシウム」と言って、より人間の骨に近い成分とのこと。マグネシウムや鉄分などのミネラルも含まれているので、吸収率が抜群に良いのだそうです。

一方、貝殻、卵の殻、サンゴ礁などから摂れるカルシウムは、人間の体にはなかなか吸収されにくいとのこと。岩塩に関しては、カルシウムとマグネシウムの比率が1:1の理想の栄養源とも言われているので、サプリに限らず、食事で使うのもおすすめです。

最近は、狂牛病などで牛を原料にしたサプリは問題視されているので、選ぶなら魚の骨や岩塩を原料としたサプリが理想です。原料がわからない場合は、リン酸カルシウムと書かれたものを探してみて下さい。